コロナウイルス感染予防対策

ハチ高原ヒルクライム

こんにちは、ハチ高原ヒルクライム実行委員会です!

ようやく残暑も和らぎ、朝夕は涼しいって思う季節になってきました。
ドライブするにも、お車にとっても真夏よりは朝夕を含めて、涼しいって思うぐらいが良いですよね。

さて、今回はハチ高原ヒルクライムにおけるコロナウイルス感染予防対策の方針や具体的な対応について記します。

4つの基本的な対応策

モデル:ポプ子/©ポプテピピック

まず、方針としては日本政府のコロナウイルス感染予防対策に従い、対応していくこととします。

日本政府『新型コロナウイルス感染症予防対策本部
・厚労省『政府の取組』

次に具体的に会場での対応については、

マスク着用
検温
アルコール消毒ボトル設置
フェイスシールド

この4つを基本とします。他にも細やかにハチ高原ヒルクライム実行委員会運営側として対応策を実施致しますが、まずは基本中の基本である4つについて実施し、以下に具体的に記します。

マスク着用においては、スタッフはもちろん、ご来場者を含めて、会場内の全ての方々に着用を「要請」ではなく、「義務」として実施致します。
ご来場の皆様にはご不便をおかけすることとなりますが、ご了承の上、是非ともご協力を賜りたく存じます。




検温はスタッフの健康管理の一環として、また会場内へご来場いただく全ての方々に実施し、基準を超える体温を検知した場合はご退場をお願いすることとなります。
屋外ということもあり、検温を受けた方、受けていない方の見分けが付くようにシール等の対応も致します。

アルコール消毒ボトルはイベント会場、観戦エリア、その他、様々な箇所において設置し、ご来場の皆さまに必ずご使用して頂くように設置致しますので、是非、ご活用ください。またスタッフ全員がアルコール消毒のミニボトルを携帯し、自らはもちろん、お声がけ頂けましたら、ご来場の皆さまにご提供致します。

最後に運営スタッフはマスク着用の上、接客業務担当者は更にフェイスシールドを着用し、念には念を入れる対応を実施致します。なお、アレルギー等、長時間のマスク着用が難しい場合、フェイスシールドだけの対応となる場合もございます。

これらは運営側だけでなく、ご来場いただく全ての方々にもご協力を賜ることで成立致します。

警察をはじめ、様々な関係各所と協議の上、決定し、対応策を実施していくものです。
安心安全なイベントとなるよう、全ての方々にご協力を心からお願い申し上げます。

ハチ高原ヒルクライム2020、準備をどんどん進めて参ります。応援よろしくお願い申し上げます!!!